振袖のマナー&基礎知識

立居振る舞い編

歩き方や座り方など、まずは振袖での基本の所作をマスターしましょう。

  • お出かけ前

    着付けが終わったらワリのポーズをしておきましょう。足を肩幅くらいに広げ、ひざに手を置いて、相撲のシコを踏むように腰を深く沈めるようにしましょう。歩幅が広がって歩きやすくなります。

  • 歩き方

    背筋を伸ばして内股に立ち、足のサイズくらいの小さな歩幅で歩きましょう。つま先に重心をかけた方が美しく歩けます。あらかじめ草履の鼻緒を少しゆるめておくと、楽に歩くことができます。

  • 階段の昇り降り

    裾をこすって汚さないよう、右手で上前を軽くすくい上げるように持ちます。持ち上げすぎてふくらはぎが丸見えにならないように。両方の袖をきれいに重ねて左手で持ち、ゆっくりと昇り降りしましょう。b

  • しゃがみ方

    右袖を右腕にかけて袖を引きずらないようにして、左袖を右手でまとめながら上前をつまみます。そのまま腰をすっと落とすと、美しくしゃがむことができます。

  • 椅子の座り方

    • 椅子に座るときに、袖をそのままにして腰かけると床について汚れてしまいます。袂を片方ずつ膝の上に乗せてキレイに重ねておきましょう。着物の裾が上がって足元が見えるので、内股ぎみに揃えましょう。

    • 深く腰かけると、椅子の背もたれに帯があたって形が崩れてしまいます。帯が椅子の背にあたらないように注意しながら、背筋を伸ばして少し浅めに腰かけましょう。バッグを背の後ろに置いてもかまいません。

TOP